「共育ち」

~子どもと保護者と保育者がともに育ち合う保育園を目指して~


☆彡子どもの育ちに寄り添う

 

「ひとりひとりの

こころと体の育ちに寄り添う」

  

 豊かな自然の中でこころと体を十分に動かして、子ども達は大きくなっていきます。

 

 

 

3歳未満児のお子さんには、

ひとりひとりに向き合った保育を。

 

3歳以上児は、異年齢(縦割り)保育で

集団の中、ひとりひとりを育む保育を。

 

そして、「人間っていいな。友達っていいな。自分っていいな。」と感じて、

大きくなっていってほしい。

 

それが私たち、

花園保育園・花園第二こども園・花園第三保育室の教育・保育です。



 

☆彡保護者の子育てに寄り添う

 

 

「はじめから一人前の親などいません。

 皆、まわりからの助けを得ながら

 親になっていくのです。」

 ジャニス・ウッド・キャタノ著「完璧な親なんていない!」より

「親友~OYATOMO」

 

保育園で育まれるのは、

子どもの育ちだけではありません。

保護者も一緒に、育っていきます。

 

同じ地区・学区の年長児のご家庭で

チームを組んで、

様々なことにチャレンジ!!

 

家族ぐるみの絆を育んで、小学校へとすすみます。

小学校入学前に、ご近所のお友達ができる、

その子の保護者の顔も知っている。

こんなに心強いことはありません。

 

仲間作りのお手伝い、保育園でもさせていただきます。

  

お父さんの「一日保育士体験」
お父さんの「一日保育士体験」

「一日保育士体験」

 

ご自分のお子さんが

どのような環境で、

どんなお友達と一緒に成長しているのか。

 

お子さんは、

保育園でどんな保育教育を受けているのか。

どんな給食を食べているのか。

どんな遊びが好きなのか。

 

そんな疑問や、園に対する不安も解決!

それが「一日保育士体験」なのです。 

 

花園保育園・花園第二こども園・花園第三保育室では、年1回、

在園児の各ご家庭に最低1回の「一日保育士体験」をお願いしております。

 

働いているからこそ、保育園に預けるからこそ、年に1日。

園に来て、見て、お子さんの成長を感じてください。

 

当園の「一日保育士体験」が掲載されました!

学研「Picclo(ピコロ)」2016年3月号
学研「Picclo(ピコロ)」2016年3月号
学研「あそびと環境 0・1・2歳」2013年 5月号
学研「あそびと環境 0・1・2歳」2013年 5月号
ママライフをもっと楽しむための応援マガジン「CouLeur.(クルール)」埼玉版2015年6月号
ママライフをもっと楽しむための応援マガジン「CouLeur.(クルール)」埼玉版2015年6月号
パパサポーターによる資源回収にて
パパサポーターによる資源回収にて

「パパサポーター」

 

保護者有志による、父親の会。

 

園の夏祭りでは、

模擬店で一致団結。

ビックリハウスという名のお化け屋敷で

子ども達を盛り上げる。

 

 

運動会では、設営から用具係、ゴール係と何役もこなす。

 

資源回収を企画して、卒園式で園児に金メダルを贈る。

 

利害関係のない、父親どうしの仲間もできる。

 

園にとっても、ありがたい存在。あなたも参加してみませんか?